ワクワクメールでトラブルにあうか心配な人へ

女ギャング

ワクワクメールが有名な出会い系サイトなのは
知ってる。
けど、本当に危険な目に遭わないの?

そのような心配をしている人もいますよね。

代表的なトラブルで言えば、美人局(つつもたせ)や
料金のぼったくり、サクラにだまされるなど・・・。

しかし、そのような心配事は無駄な理由が
今回の記事を読めば納得していただけるはずです。

トラブル回避をしたいなら、最後まで
読んでおいてくださいね。

ワクワクメールでトラブルに合う可能性は低い

普通の出会いをしているのなら、
まずトラブルに巻き込まれることはないです。

僕もかれこれ5年はワクワクメールを利用していますが、
一度もトラブルにあったことはないし、周りの人も被害ゼロです。

(デブスと面接してしまった黒歴史はありますが^_^;)

事件や事故に巻き込まれる確率は、
宝くじが当たるのと同じくらいと思って
差し支えありません。

危険な目に遭うのは、暴走する人

水上バイク

どのような人がトラブルに遭いやすいのかというと、

援助交際をしている
パパ活をしている
未成年に手を出した

こんなところです。

援助交際やパパ活をしている女性は、
後ろにろくでなしのヒモがいることもあります。

また、パパ活女子はスレた女性が多いので、
性格も悪いし、男性をバカにした
態度をとります。

それでもヤりたい人は止めませんが、
おすすめはしません。  

Twitterのほうが出会い系サイトより危険

SNS

警視庁が調査したデータによると、
出会い系サイトで起きた犯罪件数は、
SNSの60分の1以下。

つまり、TwitterやYou Tube、インスタグラムなどの方が
60倍も危険なんですよね。

このデータは、意外だったのではないでしょうか。

治安のいい国で例えると、出会い系サイトは
日本やシンガポール、ドバイと同じくらい
安全。

一方、SNSはアメリカやブラジル、アフリカと同じくらい
危険だってことです。

なぜこんなにも犯罪件数の差が開いているかというと、
出会い系サイトでは、年齢確認や電話番号を登録したり
しているから。
また、本気の人は身分証まで提出しているので、
悪さなんかできないんですよ。

しかし、SNSは電話番号の認証はおろか
身分証の提出なんかしていません。

だから、SNSと比較して
出会い系サイトの方が安全に利用できるわけですね。

20年くらい前だったら、出会い系は
無料の掲示板で援助交際をする女性や
それを買う男性がいたりなど、無法地帯でしたが
そのような掲示板は排除されました。

出会い系サイトは危険というのは、
昔のイメージですね。

トラブルを回避するには相手の人格を知ること

とはいえ、出会い系サイトにいる人が
全員聖人君子だなんて極論を言うつもりは
毛頭ありません。

会員の目的は様々で、
ただ単に彼女がほしいだけの人や
セフレを探している人。
または、業者が勧誘目的で登録しているなど
人それぞれです。

では、安全に会うにはどうするかというと、
人を見る目を鍛える事が重要です。

・相手は恋人がほしいのか?
・性格はいいのか、悪いのか?
・某メンタリストみたいに、サイコパスではないのか?
・結婚詐欺師ではないのか?
・アッシー君(パシリ)、メッシー君(貢がせる人)を
 探しているのか?
・ネットワークビジネスの勧誘が目的なのか?

など、会う前にちゃんと連絡を取って、
人柄を見ることが大事です。

美女だからホイホイついていくとか、
すぐにヤラせてくれそうだから会うことにしたとか、
そういうのは気をつけましょう。

容姿や甘いささやきに惑わされないことが
騙されないポイントです。

「誠実で、裏表のない人」と確信できた人とだけ
会うようにしましょう。

トラブルに遭わないテクニック

どうすればトラブルにあわなくなるか、
具体的なテクニックを紹介します。
以下の点を抑えておけばトラブルを回避できますよ。

危ない人に遭遇したらブロックする

ブロック・バレーボール

めったにいませんが、サイトでやり取りしていると
たまに変人、奇人、メンヘラに
遭遇することがあります。

そういう場合は、秒速でブロックリストに
登録しましょう。
ブロックリストとは、ワクワクメールに備わっている
ブロック機能のことです。
LINEにも似たような機能がありますが、
あれと同じです。

ブロックすると、不届き者はあなたと
やり取りできなくなります。
あなたの日記やプロフィールも閲覧できなくなるので、
関係を絶てます。

また、それでもしつこく嫌がらせをしてくるなら、
サポートセンターに相談しましょう。
相手に非があるなら、強制的に
退会処分にしてくれます。

そういう困ったちゃんは、ブラックリスト入りするので
再登録も不可能です。

変人とは関わっても時間の無駄なので、
やばいと思ったら、速攻で拒絶しましょう。

援助交際・ホテトル業者とは会わない

ワクワクメールに限らず、出会い系サイトには
いまだに援助交際を希望する女性が
少なからずいます。

風俗店で働けば安全に稼げるのに、わざわざ
出会い系サイトで客を募るということは、
それなりの理由があるわけです。

例えば、デブ・ブス過ぎて容姿が悪いから
雇ってもらえないとか。
性病を持っていたり、精神的に病んでいて
相手にされないなど。

ひどいのになると、シャワーを浴びている最中に
男性の財布を盗んでそのまま帰るやつまで
います。

あと、人妻と会うのは危険が伴います。
もしも相手の旦那にバレたら慰謝料を払わなくては
ならないし、よからぬ噂が立って
会社にバレることも・・・。

ちなみに、慰謝料の相場は150万円なので、
そのようなリスクを犯すくらいなら、
高級ソープにでも行ったほうがマシですね。

不倫はスリルのある火遊びですが、
独身の女性と会うほうが安全です。

初めて会う時は人気のない場所を避ける

最初に会う場所は、かなり重要です。男性はラブホテルの近くで待ち合わせして、
そのまま女性を連れ込みたいところですよねw

しかし、女性もそんなことはわかりきっているので、
いきなりラブホに行きたいとは思いません。
(淫乱女は別)

むしろ、初対面はかなり警戒していると
思っていいでしょう。
若い女性ほど警戒心が強く、

「車で拉致されて輪姦されるんじゃないか?」
「飲みに行った時、酒に睡眠薬でも入れられたりして・・・」

などと考えているものです。

そういう女性の警戒心を解くためにも、
初回は人通りの多いランドマークか、交番前で
待ち合わせしましょう。
そこなら、なにかあっても大丈夫と女性は思うので。

ふくろう交番

また、業者や美人局などは目立ちたくないので、
交番前に来ることはありません。

夜に会うのを拒む女性は、
昼に会いましょう。
ランチをして、軽く話して
タイプだったら2回めのデートの約束をします。

ブスや豚・牛など容姿の悪い女性が来たら、
テンション下がりっぱなしですよね。
あまり冷たい態度を取って嫌がらせをされても困るので、
食事だけして雑談し、すぐに帰宅します。

こちらから連絡しなければ終わります。

万が一相手がしつこく連絡してきたら、
「好きな人ができた」とか、
「仕事が忙しくて会えない」とでも
言っておきましょう。

相手の車に乗らない

車

東京・大阪・博多など大都市に住んでいる人は
車がなくても問題ないかと。
電車があるので、移動には困らないはずです。

しかし、田舎だと車で移動するのは
普通ですよね。
とはいえ、女性の場合は車で人気のない場所へ
連れていかれたらどうしようもないので
避けたほうが無難です。

電車やタクシーを使って、目的地まで
移動した方が安全ですね。

ICレコーダーを持っておく

ICレコーダー

美人局に会う可能性はめったにないですが、
心配な人は、万が一の為にICレコーダー
準備しておくと安心です。

若くてかわいい女性とラブホテルへ行くことになり、
いざエッチをしようとしたら、チンピラが
部屋へ入ってきた。

そこで、お金を脅し取られたら
恐喝罪になります。
録音したICレコーダーを警察に持っていけば
相手は逮捕されます。

まあ、こういう漫画みたいな出来事は
一般人にはほとんど起こりませんけどね。

あと、女性とエッチが終わった後
「レイプされた!」と言われた時のために
録音しておくのも一つの手です。

無理やり泥酔状態にして女性とやるのは論外ですが、
同意が取れている状況でエッチするのが
確認できれば、トラブルを回避できます。

こんな性格の悪い女性はあまりいませんが、
僕なら少し話してみて態度が悪かったり、
精神が病んでいる女性はやらないことにしています。

 

大手の出会い系サイトを選ぶ

基本的に、有名なサイトを選べば
破滅するようなトラブルは
ほとんど遭遇しません。

大手の出会い系サイトは、以下の5つです。

ワクワクメール
・ハッピーメール
・PCMAX
・YYC
・Jメール

どのサイトも、会員数100万人以上はいるので、
それだけ実績と信頼性があります。

また、無名の出会い系サイトや
マッチングアプリは利用しないほうが安全です。
サクラや業者だらけで、サポートセンターも
やる気のないのが多いので、気をつけてください。

アプリもダウンロードしないようにしましょう。

まとめ

夕焼けカップル

以上で、出会い系サイトでよくある相談のひとつ、
トラブル事例について解説しました。

セフレや恋人探しをするなら、
ワクワクメールなど有名なサイトを選んでおけば、
ハズレはありえません。

あと、くれぐれも援助交際やパパ活は
トラブルに巻き込まれやすいと
自覚しておきましょう。

特に、女性は男性よりも
注意深く使用するべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA